心斎橋通り魔事件

2012年6月10日、大阪ミナミの路上で男女2人が刺殺され亡くなりました。
被害者の1人、南野信吾は、仕事で偶然その場を通りかかっただけで襲われ亡くなりました。
一昨年ようやく裁判が行われ、結果、大阪地裁は死刑判決を下しましたが、被告側は即時に控訴しました。
事件について、徐々に風化が進む中、裁判だけは最高裁まで争われる様相を呈しています。
南野信吾。
僕らの仲間です。

南野信吾プロフィール

1990年代にロックバンドBOICE(後の4-STiCKS)のボーカルとして活躍。1996年(平成8年)、同バンドでエピックソニーと契約してメジャーデビュー。解散後はソロ活動や複数のバンド活動を経て、2007年(平成19年)にデジターボ入社。
同社の音楽部門『GEORIDE』でレーベルマスター兼プロデューサーを勤め、ニトロプラスがリリースするゲームソフトの音楽を担当した。
2012年(平成24年)6月10日に大阪府大阪市中央区で発生した通り魔殺人事件の犠牲となり、死去。
42歳没。
当日は心斎橋のライブハウス『ミューズホール』で同夜に行なわれたレーベル発足5周年記念ライブを訪れるために来阪していた。